弁護士選びバナー

間違いだらけの弁護士の選び方を大胆に公開

弁護士専門のコンサルタント遠藤啓慈「間違いだらけの弁護士選び」のサイトをご覧いただきたありがとうございます。このサイトを運営している弁護士専門のコンサルタントの遠藤啓慈です。
私はいままで多くの弁護士のコンサルティングをしてきました。その経験を活かし、このサイトでは弁護士選びで多くの方が間違っていることを大胆に公開したいと思います。

よろしければ下記のGoogle+をフォローしてください。更新情報を入手することができます。

弁護士選びにおいては消費者は合理的な行動ができない

一般に消費者はモノを買うときには合理的な行動をとります。しかし、弁護士を選ぶときに合理的な行動をとれる消費者は少ないです。

弁護士マーケティング研究会の調査では今まで弁護士に問題解決を依頼したことがある方は7%程度しかいませんでした。
かなり少ないと思いますが、病気でたとえるとこの7%という数字は、日本人が虫垂炎(盲腸)にかかるくらいの数字です。

同じ7%でも弁護士を選ぶのと病院を選ぶのでは大きな違いがあります。

一般の方は、盲腸ではないとしても病院にかかったことはありますし、あの病院はいいとか悪いとか日常生活の中で情報交換はしていると思います。
しかも恥ずかしい病気でなければ「息子が盲腸になって××病院に入院している」などということは普通にあることです。

ですから、たとえ盲腸になっても信頼できる知人、職場の仲間などから情報を得ることができますので、合理的に判断でき、間違った病院を選ぶことは少ないです。

しかし、弁護士を選ぶときにはどうでしょう。
同じ7%でも消費者が得ることのできる弁護士に関する情報は圧倒的に少なく、何を頼りに弁護士を選んでよいのかわからないと思います。

病気と違い「今××のことで弁護士に依頼している」「何々で裁判をしている」などということは病気の話のように日常的にかわされるものではありません。
弁護士選びに関する情報は圧倒的に少ないのです。

ですから、このサイトでは弁護士選びの情報を大胆に公開したいと思います。

弁護士のマーケティングと手練手管

例えば「相談実績○○件以上」という弁護士の広告があったとします。
この広告を見たときに弁護士業界を知らない一般の消費者なら「○○件も相談実績があるならきっと立派な法律事務所なんだろう、安心して相談できる」と思うでしょう。

これは「バンドワゴン効果」というのを利用した広告手法のひとつです。
つまり人は情報を持っていない時は、それが人気があるかどうかで購入を選択する、という消費者心理を利用したものです。

行列のできる○○というのも同じです。行列ができているとついつい並んでしまいますよね。
これがマーケティング手法です。

しかしこの手法を人をだますために使用しているお店もあります。
並び屋などを使う手法がそれです。

弁護士の広告ではウソをつくようなことはないと思いますが、誤認させるような表現をたまに見かけます。

そういったところも含めて、このサイトでは大胆に情報を公開したいと思います。

最後にもう一度

あなたは弁護士を選ぶときに何を基準に弁護士を選びますか?
この「間違いだらけの弁護士選び」では、弁護士を選ぶ際のポイントなどをわかりやすくお教えします。
「離婚に強い弁護士の選び方」「交通事故に詳しい弁護士の選び方」「ネットでの弁護士の探し方」など 様々な視点で弁護士の選び方、探し方を解説いたします。

あなたの弁護士選びの参考になれば幸いです。

最新情報

2017年3月23日
弁護士の選び方コラム
裁判しない弁護士と裁判する弁護士
裁判しない弁護士も多くいます。間違いだらけの弁護士の選び方では、裁判する弁護士、裁判しない弁護士、どちらを選んだ方がよいかを解説しています。
2017年3月8日
最新情報
サイトURLの変更
「間違いだらけの弁護士の選び方」のURLをwwwありに統一しました。 変更前:https://www.bengoshierabi.com/ 変更後:https://www.bengoshierabi.com/
2017年3月7日
弁護士の選び方コラム
情報の非対称性
以前から弁護士業界で時々話題になる「情報の非対称性」について今回は話してみたいと思います。 情報の非対称性とは売り手は情報を持っていて、買い手は情報を持っていないような状況をいいます。 売り手が有利 「情報の非対称性」が・・・
2015年5月11日
弁護士の選び方コラム
テレビに出てる弁護士は優秀か?
テレビに出ている弁護士は優秀か、というテーマについて説明しています。弁護士選びで間違わないように気をつけてください。
2015年5月11日
弁護士の選び方コラム
相談件数が多い法律事務所は優秀?
相談件数が多い法律事務所は優秀な法律事務所か?というテーマについて解説しています。相談件数と優秀かどうかは別の問題だと思います。間違わないようにしてください。
2015年4月25日
弁護士の選び方コラム
ちょっと気になった弁護士の広告
誤解してはいけない弁護士の広告について書いています。広告はあくまでお客を集めるために行っているものです。間違わないように広告を正しく見る目を持ってください。
2015年4月23日
弁護士の選び方コラム
〇〇に強い弁護士とは?
〇〇に強い弁護士というキャッチコピーを弁護士業界に流行らせた者として、〇〇に強い弁護士は本当に〇〇に強いのか?ということについて解説しています。
2015年4月20日
弁護士の選び方コラム
所属弁護士の数が多い方が優秀?
所属弁護士の数が多い方が優秀な法律事務所かどうかを解説しています。
2015年4月17日
弁護士の選び方コラム
立派なビルに入居してれば優秀な弁護士?
弁護士の選択基準として立派なビルに事務所があるというのは正しいのか説明しています。
2015年4月8日
最新情報
ホームページを公開しました
間違いだらけの弁護士選びのホームページを公開しました。

裁判しない弁護士と裁判する弁護士

裁判しない弁護士も多くいます。間違いだらけの弁護士の選び方では、裁判する弁護士、裁判しない弁護士、どちらを選んだ方がよいかを解説しています。

サイトURLの変更

「間違いだらけの弁護士の選び方」のURLをwwwありに統一しました。 変更前:https://www.bengoshierabi.com/ 変更後:https://www.bengoshierabi.com/

情報の非対称性

以前から弁護士業界で時々話題になる「情報の非対称性」について今回は話してみたいと思います。 情報の非対称性とは売り手は情報を持っていて、買い手は情報を持っていないような状況をいいます。 売り手が有利 「情報の非対称性」が・・・

テレビに出てる弁護士は優秀か?

テレビに出ている弁護士は優秀か、というテーマについて説明しています。弁護士選びで間違わないように気をつけてください。

相談件数が多い法律事務所は優秀?

相談件数が多い法律事務所は優秀な法律事務所か?というテーマについて解説しています。相談件数と優秀かどうかは別の問題だと思います。間違わないようにしてください。

ちょっと気になった弁護士の広告

誤解してはいけない弁護士の広告について書いています。広告はあくまでお客を集めるために行っているものです。間違わないように広告を正しく見る目を持ってください。

〇〇に強い弁護士とは?

〇〇に強い弁護士というキャッチコピーを弁護士業界に流行らせた者として、〇〇に強い弁護士は本当に〇〇に強いのか?ということについて解説しています。

所属弁護士の数が多い方が優秀?

所属弁護士の数が多い方が優秀な法律事務所かどうかを解説しています。

立派なビルに入居してれば優秀な弁護士?

弁護士の選択基準として立派なビルに事務所があるというのは正しいのか説明しています。

ホームページを公開しました

間違いだらけの弁護士選びのホームページを公開しました。

このページの先頭へ