情報の非対称性とは

以前から弁護士業界で時々話題になる「情報の非対称性」について今回は話してみたいと思います。

情報の非対称性とは売り手は情報を持っていて、買い手は情報を持っていないような状況をいいます。




売り手が有利

情報の非対称性」が成り立つ場合、比較的売り手が優位な状況になります。

弁護士と依頼者の状況と似ています。

依頼者は弁護士に関する情報を持っていなく、またどのような弁護士が良い弁護士なのかも判断できません。

そのような状況で消費者は何を基準に弁護士を選ぶでしょうか?




テレビショッピングの例

わかりやすくテレビショッピングを例に説明します。

関節の痛みに悩んでいたとします。するとテレビで関節の痛みに効果があるという成分を含んだ商品を販売している通販番組が流れました。

私には医学の知識などありません。

「個人の感想」では出てくるみなさんが「いいと」言っています。販売実績も何十万本と人気商品のようです。

このような状態が「情報の非対称性」の状態です。




悪いことは言わない

よくよく考えてみると、広告ですから、メーカーにとって悪いことは流すことはないのです。

ですから「お客様の声」によいことばかりが並んでいるのは当たり前です。

販売実績でも、売れていない商品ではお客は安心して買いませんから、ある程度、自慢できる数字になるまでは公表しないのは当たり前です。

つまり広告というものは、自社にとって都合のいいことしか書かないのです。

ホームページの作成にかかる経費は、税務的には「広告宣伝費」にあたります。

法律事務所のホームページも広告宣伝のためにしているのがほとんどです。

ですから法律事務所のホームページの「お客様の声」「解決事例」などは、その事務所にとって都合のいいことばかり書かれていると思います。

いつも言っていることですが、お客をだますつもりで広告やマーケティング手法を悪用するのはよくないことですが、それなりのキャリアがあり、お客に迷惑がかからないのであれば、広告はごく普通に行われているマーケティング活動で、弁護士も普通にマーケティング活動しています。

そのことを理解したうえで、広告やホームページいいことが書いてあるから、弁護士だからと安易に信じないで、きちんと面談してその弁護士が自分に合うかご自身の目で確認して慎重に依頼する弁護士を選んでください。

ホームページの情報だけを信じないで、面談して自分に合った弁護士か確認することが大切です。